• slidebg1
    title
  • slidebg1
  • slidebg1

イベント情報



假屋崎省吾の世界展

〜旧齋藤家別邸をいける〜


開催期間:2016年3月24日(木) ~ 4月9日(土)
注:3/28(月)、4/4(月)は休館の為、ご覧いただけません。
開催時間:9:30~17:00(4/9のみ15:30最終入館)
会  場:旧齋藤家別邸
入場料 :一般 ¥ 1,000
小・中学生 ¥ 500
小学生以下 無料
販売窓口:旧齋藤家別邸内
主  催:一般社団法人新潟の自然と文化と農業を育む会
後  援:新潟市・JA全農にいがた
協  賛:上越クリスタル硝子株式会社
OATアグリオ株式会社
JAそお鹿児島
大洋酒造株式会社
株式会社坂源
花材協力:JA全農新潟
企画協力:假屋崎省吾 花・ブーケ教室



假屋崎省吾
プロフィール

華道家。假屋崎省吾 花・ブーケ教室主宰。
美輪明宏氏より「美をつむぎ出す手を持つ人」と評され、繊細かつ大胆な作風と独特の色彩感覚には定評がある。
日本はもとより世界各地で日本伝統文化の「華道」を広める活動にも精励する。天皇陛下御在位10年記念式典・花の総合プロデュース、2005年より「世界らん展日本大賞」にて『假屋崎省吾 蘭の世界』を特別展示。
日仏交流150周年フランス広報大使、オランダチューリップ大使を務め、第11回グッドエイジャー賞、マレーシアの太平洋地域ブランド財団(APBF)より、国際ブランドパーソナリティー賞を受賞するなど、国内外のVIPからも高い評価を得ている。
また、着物やガラス器のデザインおよびプロデュースをはじめ、花と建物のコラボレートとなる個展”歴史的建築物に挑む”シリーズも開催。
3月10日より、国交50周年を迎える日本とシンガポールとの友好関係を祝したオブジェを、シンガポール・チャンギ国際空港内に展示することが決定。

今年で17回目となる目黒雅叙園・百段階段での個展「華道家 假屋崎省吾の世界」は10月1日(土)~10月16日(日)の開催。
海外では、フランス・パリ「プティ・パレ宮殿」やヴァンセンヌの森「パリ花公園」、タイ王国・バンコク「サイアムパラゴン」、ブルガリア・ソフィア「日勃国交55周年記念個展」など各国で個展やデモンストレーションを開催し、国内はもとより海外でも目覚ましい活動を展開している。その他、ボランティア活動の一環として、情操教育が期待される花育や、少子化問題など、地域活性を促す社会活動等にも積極的に取り組んでいる。

現在TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」にレギュラー出演、MBS「プレバト!!」での大人気企画、いけばなの才能査定ランキングの専門家ゲストとして出演するなど、テレビ・雑誌・新聞など幅広い分野で活躍中。

假屋崎省吾公式ホームページはこちら

旧齋藤家別邸は、豪商齋藤家の四代齋藤喜十郎(庫吉1864~1941)が、大正7年(1918)に別荘として造ったものです。砂丘地形を利用した回遊式の庭園と、近代和風建築の秀作といわれる開放的な建物は、大正時代における港町・商都新潟の繁栄ぶりを物語る文化遺産です。戦後この邸宅は進駐軍による接収を経て、昭和28年(1953)には加賀田家に所有が移りました。時代が移り平成17年(2005)、所有権の移転や解体の可能性などの話題が聞こえてくるようになり、保存を願う運動が市民有志によって起こされました。署名・募金運動、市議会への請願などが実を結び、平成21年(2009)、新潟市はこれを公有化しました。

遠景

室内

広間からの眺め

中庭

二階からの眺め

アクセス

旧齋藤家別邸
TEL:025-210-8350
新潟市中央区西大畑町576番地


より大きな地図で 旧齋藤家別邸 を表示


公共交通機関のご案内
■新潟駅万代口バスターミナル2番線から
新潟市観光循環バス(日中 1時間10分おき)
朱鷺メッセ先回り「北方文化博物館新潟分館入口」下車 徒歩2分
白山公園先回り 「北方文化博物館新潟分館前」下車 徒歩1分

■新潟駅万代口バスターミナル7番線から
C2系統 浜浦町線(日中 約10〜20分おき)
C20 浜浦町経由 西部営業所行き
C21 浜浦町経由 信濃町行き
C22 水族館行き
「西大畑」下車 徒歩6分
※新潟駅方面へのお帰りは、同系統の「神宮前」(徒歩1分)が便利です。

古町十字路界隈からゆっくり歩いても15分ほどです

お車でお越しのお客様で、西堀地下駐車場(徒歩約10分)をご利用の方には60分無料券を差し上げます。(駐車券を必ずご持参下さい)

チケット情報

チケットは会場(旧齋藤家別邸内)でお求めになれます。


前売り券の販売はございません。

ご不明な点は、事務局までお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
一般社団法人 新潟の自然と文化と農業を育む会

TEL: 0258-39-5250